さくらレンタルサーバーでの git のリモートリポジトリ作成

以下、備忘録として、さくらレンタルサーバーでの git のリモートリポジトリ作成について。
すでに、csh 環境から bash 環境に変更されていることを前提にしています。

参考サイトとほぼほぼ同じ手順ですが、さくらでの git のインストールは不必要でした。
また、ローカルの環境は cygwin 環境です。

リモート側のセットアップ

さくらでのリモートリポジトリを作成します。
--bare で作業用ディレクトリ無しで初期化しています。

$ mkdir -p $HOME/git/repos.git
$ cd $HOME/git/repos.git
$ git init --bare
Initialized empty Git repository in /home/example/git/repos.git/

クライアント側のセットアップ

クライアント側で適当にコミットしてみます。

まずは初期化。
ホームディレクトリ直下に、適当なフォルダ git を作成しています。

$ cd $HOME
$ mkdir git
$ cd git

次に、空のテキストファイルを作成して、コミット。

$ touch README
$ git add README
$ git commit -m "initial commit"

初めて使用する環境の場合、以下のようなエラーが発生するかもしれません。
指示されている通り、特定できるようにユーザー名やメールアドレスを設定すれば、問題なくコミットできるようになるはずです。

*** Please tell me who you are.

Run

  git config --global user.email "you@example.com"
  git config --global user.name "Your Name"

to set your account's default identity.
Omit --global to set the identity only in this repository.

fatal: unable to auto-detect email address (got '***')

コミットが成功すれば、以下のようにリモートリポジトリを追加し、プッシュするだけです。

$ git remote add origin sakura:~/git/repos.git
$ git push origin master

ここでは、すでに以下の config のようにホスト名を登録しています。

Host sakura
	HostName			example.sakura.ne.jp
	User				example
	IdentityFile		~/.ssh/id_rsa.sakura.ne.jp
	ServerAliveInterval	20
	ServerAliveCountMax	3

未登録の場合には、以下のようにユーザー名やサーバー名の指定が必要になります。

$ git remote add origin example@example.sakura.ne.jp:~/git/repos.git
$ git push origin master